UVa 12850 - Skating Puzzle

Source

Second UVa regional warmup(20141101)
UVa 12850

問題概要

人Aと人Bがいて,人Aの方が $R$ 倍速く滑る.
スケートを $1$ 周するのにかかった時間を比べると,人Bは人Aより $T$ だけ遅かった.
人Aと人Bが $1$ 修するのにかかった時間はそれぞれ幾らかを求める問題.

解法

人Aのタイムを $x$ とすると $(x+T)/x = R$ を解いて $x=T/(R-1)$ で,人Bのタイムは $x+T$.
小数点以下ちょうど $3$ 桁出力するときに,$\verb|x|.\verb|xxx|5$ を切り捨てないように注意する.(適当にEPSを足せば良い)

C++によるスパゲッティなソースコード

この部分を表示するには表示権限を持つユーザーでログインする必要があります.


Current time: 2017年09月21日05時05分23秒
Last modified: 2014年11月08日19時44分00秒 (by laycrs)
Tags: Competitive_Programming UVa_Online_Judge UVa_Contest_20141101_1
トップページに戻る

Logged in as: unknown user (not login)

ログイン: