TopCoderOpen Algorithm 2014 Round 1B EASY - SpamChecker

Source

TopCoderOpen Algorithm 2014 Round 1B EASY (200pt)
Problem Statement

問題概要

スパムチェッカーが $N$ 個の項目について,あるメールがスパムっぽいかどうかをチェックしていく.
その都度,スパムっぽくないと思われる場合は,点数を $G$ 点だけ加算し,
スパムっぽい思われる場合は,点数を $B$ 点だけ引く.
最初 $0$ 点であるとして,どこかの瞬間で点数が負になるとスパムメールと判定する.
$N$ 個の項目についての結果が全部与えられるので,このメールがスパムかどうかを判定する問題.

解法

やるだけ.

C++によるスパゲッティなソースコード

// #includeなどは略しています
#define REP(i,a,b) for(i=a;i<b;i++)
#define rep(i,n) REP(i,0,n)

class SpamChecker {
public:
string spamCheck(string judgeLog, int good, int bad) {
  int i, score = 0;

  rep(i,judgeLog.size()){
    if(judgeLog[i] == 'o') score += good;
    else                   score -= bad;
    if(score < 0) return "SPAM";
  }

  return "NOT SPAM";
}

}

Current time: 2017年11月18日04時24分30秒
Last modified: 2014年04月20日06時18分57秒 (by laycrs)
Tags: Competitive_Programming TopCoder TopCoderOpen TCO_Algorithm TCO_Algorithm_2014 TCO_Algorithm_2014_1B
トップページに戻る

Logged in as: unknown user (not login)

ログイン: