AtCoder Beginner Contest #010 B問題 - 花占い

Source

AtCoder Beginner Contest #010
問題文

問題概要

花占いを行う.
花占いには $2$ パターンあって,パターン $1$ では花びらの数だけ,「好き」「嫌い」を順番に言っていき,最後に発言した言葉が占いの結果になる.
パターン $2$ では花びらの数だけ「好き」「嫌い」「大好き」を順番に言っていき,最後に発言した言葉が占いの結果になる.
今,$N$ 個の花が咲いており,それぞれの花 $k$ の花びらの数は $A_k$ である.
どの花を選び,どっちのパターンを用いても,「嫌い」という結果にはならないようにしたい.
占いを行う前に,最小で何枚の花びらを毟れば良いかを求める問題.

解法

例えば,各花びらについて,枚数が $2n$ または $3n+2$ である限り,1枚ずつ毟っていくのをシミュレーションすれば良い.

C++によるスパゲッティなソースコード

#include<bits/stdc++.h>
using namespace std;

#define REP(i,a,b) for(i=a;i<b;i++)
#define rep(i,n) REP(i,0,n)

#define mygc(c) (c)=getchar_unlocked()
#define mypc(c) putchar_unlocked(c)

void reader(int *x){int k,m=0;*x=0;for(;;){mygc(k);if(k=='-'){m=1;break;}if('0'<=k&&k<='9'){*x=k-'0';break;}}for(;;){mygc(k);if(k<'0'||k>'9')break;*x=(*x)*10+k-'0';}if(m)(*x)=-(*x);}
void writer(int x, char c){int i,sz=0,m=0;char buf[10];if(x<0)m=1,x=-x;while(x)buf[sz++]=x%10,x/=10;if(!sz)buf[sz++]=0;if(m)mypc('-');while(sz--)mypc(buf[sz]+'0');mypc(c);}

int N, A;

int main(){
  int i, j, k;
  int res = 0;

  reader(&N);
  while(N--){
    reader(&A);
    while(A%2==0 || A%3==2) A--, res++;
  }
  writer(res, '\n');

  return 0;
}

Current time: 2017年07月25日05時37分21秒
Last modified: 2014年06月26日21時27分19秒 (by laycrs)
Tags: Competitive_Programming AtCoder AtCoder_Beginner_Contest ABC010 ABC_B
トップページに戻る

Logged in as: unknown user (not login)

ログイン: